パートの税金特集☆パートの税金対策にどうぞ♪

パートの残業手当について

あなたの会社ではしっかりと残業代は計算されていますか?

せっかくもらえる手当ももらえないということがないように
しっかりと残業手当について知っておく必要がありますねあせあせ(飛び散る汗)


まず、日本の法律では労働時間の上限というものが決まっていますが

1日8時間、週40時間 を超えて労働させる時には
事前に労働基準監督署に届出をする必要があるのですが、
別名三六(サブロク)協定友呼ばれているものです。


この、1日8時間、週40時間の枠を超えた場合には、
通常支払われている賃金に対して、割増賃金を払わなくては
いけないということになっています。


時間外労働・・・・割増率2割5分以上

休日労働・・・・・割増率3割5分以上

深夜労働・・・・・割増率2割5分以上



*法定時間外で深夜の労働となると、合わせて5割以上の
  割増賃金が支払われるということです。


深夜労働というのは、22時から5時の間に働くことをいいます。


もしあなたの会社がタイムカードを使って出勤時間などを
管理しているのでしたら、タイムカードのコピーなどを
とっておくと、何か問題が起きたときに対処しやすいでしょう。


タイムカードのコピーが取れない場合でも、スケジュール帳にでも
出勤時間や労働時間などをメモする習慣をつけておくと
いいかもしれないですね。


これは労働基準法第36条にあるのですが、特別に労使協定を
結んでいないのでしたら、過去2年間にさかのぼって、
残業代を取り返すことができます。

この場合も、証拠となるものが必要となるので、
出来ることならタイムカードのコピー、日々の労働時間のメモなどは
欠かさずにおこなうようにしたいものです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96904582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。